ダイエットの奨め
このタイトル欄に広告を募集いたします。お問い合わせはこちらをクリックして下さい。

ダイエットの奨め


CONTENT
はじめに

糖尿病について

食生活の改善

運動

三種の神器


BBS

質問

参考データ

食事内容

血液データ

体型推移









目的がダイエットのみで健康な方はこのページは飛ばしても結構です。

糖尿病の知識
ここで高血糖による糖尿病の事を少しだけ触れておきます。
ここで取りあげる糖尿病とは肥満による発症する2型糖尿病(初期の状態)の事です。
進行状況などによって対策は変わってきます。
BMIが30以上もしくは体脂肪率が25%以上の方は必ず見てください。

ためしてガッテン 後悔しない! 糖尿病予防術 [1]
ためしてガッテン 後悔しない! 糖尿病予防術 [2]
ためしてガッテン 後悔しない! 糖尿病予防術 [3]
ためしてガッテン 後悔しない! 糖尿病予防術 [4]
ためしてガッテン 後悔しない! 糖尿病予防術 [5]

糖尿病にならない為のノウハウ

糖尿病に関する事が解りやすく記載してあります。
全て見ていただくとどういう病気かご理解いただけます。
(下記の内容で解らない言葉等あれば上記URLで記載してありますのでご参照ください)
そうです。一度なると元に戻らない病気だったんです。
小生は幸い発症後2〜3ヶ月ということで(HEA1Cより医師が判断)まずは食事、運動療法で様子をみてみようという事になりました。
糖尿病の診断基準となるブドウ糖75g負荷試験の時の結果です。

前(FPG) 124
30分(30mPG) --
60分(60mPG) 190
120分(2hPG) 245

完全に異常な数値です。本格的キャリアの方々に言わせればまだまだセーフなのだそうですがいづれにしてもこのままでいいわけはありません。
過食(カロリーオーバー)ガ原因なのは明確です。
通常の人なら下がるはずの120分後でも相変わらず増えつづけています。
幸い、医師からは「インシュリンは大量に出ているので膵臓(すいぞう)はまだ元気です」
と言われた事です。実はこのインシュリンが出ていないと、かなり進行している場合なので治療法も違ったものになります。
しかしその時の小生にはなにがなんだか解らずに人伝えの単なる「悪いウワサ」ばかりが頭の中をグルグル巡っていました。
糖尿病になると1.目が見えなくなる。毎日自分で注射を打たないといけない。手足を切るハメになる。などです。
本やインターネットなどを見ると「コントロールする病気」とか「治る治らないの病気ではない」とか記載しています。今ひとつ実像が沸かないですよね。
とにかくなにか手立てはないものかと独学で勉強したところ、どうやら小生のような状況は一番多い症状でもちろん肥満が原因。その詳しいメカニズムは
脂肪細胞がパンパンに膨らんだ結果、もう入らないという信号のホルモンレジスチン(レジスタンスインシュリン)を出しそのレジスチンによりインシュリンの働きを悪くしてしまいます。(せっかくグルコースがインシュリンと結合しても細胞内がお腹いっぱいの信号を出している為に取り込み難くなっている)
小生の場合、幸いインシュリンの量はかなり出ているとの事でしたので(数値は記録していません)行き場の無いグルコースが血液中にどんどん増えて終にオーバーフローして尿中に出た。という訳です。もしも、このまま生活習慣を変えず過食、運動不足を続ければ膵臓(すいぞう)は段々疲れて機能しなくなり、インシュリンを補わなければ不足する状態になるのは避けられないのです。
ん?ここでちょっと疑問になりますよね?
いくらインシュリンを補ってもそれを取り込む脂肪細胞がいっぱいでは吸収のしようがありません。
では、どうしたらいいのか。完全な独学ですが、要は血液中の血糖自体を少なくし且つ脂肪細胞に吸い取ってもらう。膵臓(すいぞう)が働いている間に改善すれば糖尿病の症状(高血糖値)を抑える事ができるかもしれないのではないか?と勝手に思い込みました。
方法は単純に考えて、パンパンに膨らんだ脂肪細胞を風船の空気を抜くようにしぼませ、レジスチンを出さないようにし運動によりグルコーストランスポータを活性化させれば血液中の血糖はドンドン減っていくのではないかも?と希望的観測も加味し前向きに考えました。
もし、インシュリンも大量に出て脂肪細胞が上限無く血糖を取り込み膨らみ続けたらどうなるでしょう?きっと太るだけ太って動けなくなる事は必須ですよね。
糖がオーバーフローする事はこう言うことを回避する為の行為なのかもしれません。
ということは糖尿病は「異常な生活の習慣」によって引き起こされたもので対策としては「人間本来の正常な生活習慣に戻すだけでいいのかもしれない。」のです。
ここでやっと「治る治らないの病気では無い」という意味が解って来ました。
この「正常な生活」というのが肥満者には苦痛で堪らないだろうが、努力すれば成れる!
ということではないでしょうか?
話は元に戻りますが方法はひとつしかありません。食事の改善と運動療法です。
ここまで知れば何故この方法が必要か解りますが、普通医師はここまで説明してくれません。
そうです。この病気は一人で戦わなくてはなりません。これも糖尿病でよく耳にする言葉ですが「主治医は自分」なのです。