《私の本棚  第十》      1998年(平成10年)1月
 
   「アルトハイデルベルク」  マイアーフエルスター 作
 
 この本はその題名のとおり、ドイツで最も美しい町といわれているハイデルベル ク(参考) を舞台にした物語です。ここにはド

イツ最古の大学があり、この大学で夏の学期 を過ごすのは、古くからドイツの学生たちのあこがれの的になっているそうです。
 
 貴族の御曹司である主人公も、当時の習慣に従って1年間の学生生活をここで 過ごします。身の回りの世話は常に従僕

がしてくれ、規則正しい生活をしていたカ ル・ハインリヒは、この地で伸びやかで生き生きとした時間を経験します。激しい

カルチャーショックを受けますが、いつしかそれも思い出の世界に遠のいていきま す。TVドラマにあった「白線流し」に似たよ

うな淡い世界を感じます。
 
 日本でいえば、丁度京都の様な町のようです。最近もTVでこの町の風景が映し 出されましたが、とっさにハイデルベルクと

分かりました。写真で見た哲学者の道 から見下ろすネカー河と橋と山を含む町の景色が、よほど強い印象として残っている

のでしょう。機会があれば是非訪れてみたい所の一つです。

                                  

                前の頁 ,高山樗牛の瀧口入道   次の頁 ,インドで考えたこと   本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本                    トップ頁                                          

 

南禅寺 疎水南禅寺

【本文との関係---なし】

境内の疎水(参考)