《私の本棚 第九十七》  平成17年4月  

 「にごりえ」
 樋口  一葉    

  新五千円札はごく普通に出回ってきましたが、最初は物珍しさから、なかなかお目にかかりませんでした。樋口一葉とい

っても、若い世代の人は知らない人が多いかも知れません。

「おおつごもり」「たけくらべ」等は文学史にも登場します。「にごりえ」は、当時一般的であった遊郭の女性と馴染みの客を題

材にしています。男が無理心中をして話は終わります。

  内容的には特に読者が思索を巡らす必要はありません。しかし文体は流麗なもので、特筆すべきは句点(。)までの文字

数の多さです。 が、これは句読点と解せずに、筆を用いてさらさらと書かれた文章を想像した方がいいでしょう。読み始める

と直ぐに慣れて、心地よいリズムになります。

  明治という時代、女性、二十三歳で書いた小説。お札の肖像になったことは必然でしょうか。作家の大岡昇平氏は、日本

の女流作家の中で、紫式部と並んで最も高い名声を確保しているとも評しています。

 

    前の頁,京都発見   次の頁,放浪記   本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁

仏骼宸フ一本桜

 

仏隆寺の一本桜

(天然記念物)

【本文との関係---季節】