《私の本棚 第九十八》  平成17年5月

   「放浪記」
 林  芙美子  作

  

明治36年下関生まれ、本名フミコ。当時の女性としては、道徳的な慣習からいささか外れて生きていました。母の影響

が強かったようです。しかし決して自堕落ではありません。行商をする父母と共に転々として、尾道市立高等女学校卒業後は

一人東京へ出ます。しかし、そこでもより良い給料を求めて定まりません。

  作者は最初、詩人として世に出ました。詩集「蒼馬を見たり」には、放浪記の下地になる生活がうたわれています。人恋し

さ、故郷恋しさ、父母恋しさ。お金が欲しい、腹一杯ご飯を食べたい、尾道の父母にも送金したい。気が狂いそうになるような不

安感。それらは詩集にも放浪記にもよく表れています。 

  

仕事、土地、住まい、愛する人、そのどれもが定まらぬ放浪です。貧困から来る涙も、飲み込まれそうになる不安感も、読 

者に突き刺さるものではなく明るいのです。

 

            前の頁,にごりえ   次の頁,ローマ人の物語Y   本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁

尾道風景

 

【本文との関係---地理】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

放浪記の碑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千光寺