《私の本棚 第九十九》   平成17年6月

   「ローマ人の物語Y
   (パクス・ロマーナ)」     塩野 七生 

  この巻では紀元前29年から紀元後14年までのローマ帝国が記されています。主人公は天才ユリウス・カエサル(ジュリ

アス・シーザー)から後継者に指名された初代皇帝アウグストウスです。カエサルのような才能は自分には無いと自覚して

いたアウグストウスは、別の方法で引き継いだ理想を達成します。

  この巻の中に当時の少子化対策を述べている箇所があります。前2世紀までは10人の子を育てるのは珍しくなく、カエ

サルの時代には2〜3人になり、アウグストウスの時代では結婚さえしない人が増えたとあります。思い切った抜本的改革を

行って乗り切ります。皇帝といっても民主的なものですから、やはり大変な政治力です。

  パクス・ロマーナとは「ローマによる平和」です。読み進めていくと、今のアメリカと似ていなくもない。そんな感想を抱きま

す。

 

      前の頁,放浪記   次の頁,水滸伝   本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁

桂川

 

桂 川

【本文との関係---季節】