《私の本棚 第百》   平成17年7月

   「水滸伝」   
14世紀中頃完成

  三国志演義・西遊記・金瓶梅と併せて四大奇書と呼ばれています。吉川英治版の三国志は定番ですし、水滸伝は幸田露

伴の訳が素晴らしいとのことです。 

  水滸とは水のほとりの意味ですが、舞台は東平湖の南にある梁山泊です。ここは数千段の石段と天上界への入り口で有

名な泰山の南西約百qにあります。初期の登場人物は36人で、最終的に108人になりました。首領の宋江は1119年〜

1121年にかけて暴れた盗賊です。

  三国志のリーダー劉備、同じく西遊記の玄奘三蔵とともに実在でかつ、荒くれ者を統率するには、なよなよとして魅力に乏

しい人物との評もあります。水滸伝は三国志とともに北宋以来、講釈師によって語り継がれてきました。登場人物は全員が殺

人犯、泥棒などの悪者ばかりです。36人にしろ108人にしろ、占術の数字に符合しているのは何故?。

 

         前の頁,ローマ人の物語Y   次の頁、飛ぶ教室   本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁

睡蓮

 

睡 蓮

【本文との関係---季節】