《私の本棚 第百一》      平成17年8月

    

「飛ぶ教室」    ケストナー   作              

  子供向けの棚でこの本が目にとまりました。この作品は小学校4、5年生の頃に読んだ記憶があります。このドイツ人作家

は他に「エミールと探偵たち」「点子ちゃんとアントン」などを発表しています。今年の夏休みの課題図書にはなっていないようで

すが、子供達には是非一度読んでもらいたい一冊だと思います。

  舞台になる寄宿学校には、小学生から高校生までが一緒に生活をしています。家庭環境も能力、性格もまちまちです。舎

監のベク先生(あだ名は正義先生)と友人の禁煙さん、校長先生、一見違うタイプの人達です。しかし共通することがあります。

それは、子供達は良い意味で大変友達思いで、先生達は善悪判断の根底に、子供達への限りない愛情と英知を持って臨ん

でいます。

  作者は「賢さをともなわぬ勇気は野蛮であり、勇気をともなわぬ賢さなどなんの役にもたたない」と述べています。出版は

1933年、ヒットラー政権確立の年です。

 

                 前の頁,水滸伝   次の頁,泣いてもいい?   本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁

メタカラコウ

 

メタカラコウ

【本文との関係---季節】