《私の本棚 第百二》   平成17年9月

   

「泣いてもいい?」     グレン・リングトゥビズ 

                ---- Mortal を考える

  Mortal とは、「やがては死すべき運命の」という意味に訳されています。

  黄泉の国の使者が、子供達の大好きなおばあさんを迎えに来ます。どうかして使者に帰ってもらおうとしますが、使者か

ら「死」の意味を教えられます。

  日々の暮らしの中で、暗くジメジメばかりしていてはいけない。かといって、毎日ルンルン気分ばかりでもいけない。その

両方があってこそ、楽しさも倍増する。それと同じように、「死ぬ」ということがあるから、「生きる」ことが大切になるんだよと。

  月日が経ってから子供達は問いかけます。「死神さん、泣いてもいい?」 と。

私は自分の6歳の誕生日を初めとして、生活を共にした8人の死を見てきました。mortal は重い実感です。

辞書にこんな例文があります。   a happy mortals (幸福な人たち)

確かに、もし死というものがなければ不幸かも知れません。

  この本は何歳迄の読者に耐えうるでしょう。

 

                  前の頁,飛ぶ教室   次の頁,おーい老い   本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁

古書市風景

 

古書市風景

【本文との関係---季節】