《私の本棚 第百三》   平成17年10月

   

「おーい老い!」  熊谷 栄三郎  

  京都大学仏文科卒、京都新聞論説委員等を歴任。エッセイスト。本書は京都新聞に連載されたものをまとめて出版され

たものです。理屈抜きで暖かく面白い。

  

連載されたものですから、一編ごとの文字数も少なく、共感を得ることのできる話ばかりと言っていいでしょう。「随筆」と

いうのは、体験や感想を思いつくまま記した文章です。小賢しく自分の知識をひけらかすのではなく、それを隠し味にしなが

ら肩がこらないような文章にする。それでいて「うんうん」とうなずけなければいけない、と思います。

  この本を読んでいると、寺田寅彦氏の随筆のことが浮かんできた。氏は物理学者であり随筆家。高校の国語教科書にも

取り上げられているのではなかったでしょうか。学者の目線で対象を観察しているが、文学で表現しています。一方はジャー

ナリストもう一方は学者と、バックが異なりますから文章を読んだ時の印象はかなり違います。どちらもすてきな随筆だと

思います。

 

               前の頁,泣いてもいい?   次の頁,ソクラテスの弁明   本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁

秋の曽爾高原

 

【本文との関係---季節】