《私の本棚 第百四》    平成17年11月

  「ソクラテスの弁明」
    プラトーン  著

  ソクラテスを哲学者と知ってはいても、この本を読んだ人は少ないかもしれません。彼は紀元前399年に裁判にかけ

られ、毒をあおって刑死しています。その裁判での自己弁明をプラトンが記したものです。当時ペリクレスという優れた人物

が一時代(前460〜430)を築いていました。彼の死後政治は乱れ、その渦中での出来事。

  「もし誰かが汝を捕らえ無実の罪で投獄するならば、汝の哲学はそのとき何の役に立つのか」という問いに、命以上に

大切なものがあると示しました。弁明の中で、「自分は知らないから知らないと思っているが、この男はそれさえ知らない。

だから自分の方が知恵があるらしい」と述べています。

  論語の為政編に「之を知るを知ると為し知らざるを知らずとなす、是れ知るなり」とあります。釈迦誕生は前565年、

孔子は前551年、ソクラテスは前469年頃。ソクラテスは論語を知っていたか否か?

 

                     前の頁,おーい老い   次の頁,五千回の生死   本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁

あけび

 

ア ケ ビ

【本文との関係---季節】