正月閑話  「長い手紙」  平成17年正月

  十年ひと昔という言葉で表現するなら、一つふたつそのまた……の昔PFCがあった。

大抵の中学校の文化部にペンフレンドクラブがあり、盛んだったように思う。因みに私もそのメンバーだった。

運動部のように、上級生から「根性」とか「我慢」と非科学的にしごかれず、無理矢理走り回らなくて良いことが性に合っていた

のかもしれない。

  子供が誰かから電話をもらったり手紙をもらうということは、その当時は普通では考えられないことだった。

友達とは学校の中で喋ったり、放課後にどこかで集まって遊んだりするのが一般的で、家の中では家族との会話があった。

しかし中学生ともなると行動範囲も広がり、好奇心も旺盛になってくる。さりとて小遣いも少ししかないから、手っ取り早い方法と

して、文通を通して違う世界の事を知りたかったのだろう。                                                                                                                            

クラブ経由でペンフレンドを紹介されるケースとは別に、中学生向けの月刊誌に「ペンフレンド紹介」の記事があった。

そういう業者はどうやって生業をたてていたのか分からないが、無料で国内と外国の地域や国別に希望を叶えてくれていた。

私も何人かの文通友達を持っていた。都道府県は忘れたが日本、インド、アメリカ、フランスが記憶にある。特にインドの同い

年の人は、ハイデラバードに住む医師の息子さんで、三年くらい続いたように思う。初めて頂いた便りは少し癖のある文字で

判読できず、亡父の職場の方に訳してもらった。プレゼントの交換もしたが、今は手元に残っていない。英語力は当然中学生

のレベルだったのに、よく長く続いたと思う。

  今の学校にPFCがあるのかどうか知らないが、もしあっても参加者は少ないだろうと思う。何しろ世は I T 時代、何時返って

くるか分からない返書を待つ子供は少ないだろう。携帯電話で長々お喋りし急ぐときはメール。否、私から見れば話す必要が

ない時はメール?でと使い分けているように見える。パソコンも一家に一台近くある時代。インターネットメールやインターネット

電話もある。

  知り合いの子供さんがニュージーランドに留学されていて、ほぼ毎日定時にパソコンで動画と音声を使って会話をされてい

る。料金もそれ程かからずしかも瞬時に到達する。速いし便利この上ない。

こんなことならきっと文通友達ではなく、eメール友達を世界中に持っている人もいるのだろうと思う。

  料金などを考えると優れているメールも、意志の疎通という視点からは感心しない面がある。

例えば「希望者はメールで参加と送って下さい」という呼びかけに対する返信はマルだが、「きのう何であんなことを言った

の?」という送信と「別に」という返信は共にバツだ。

  その理由が分からない子供が増えているらしい。そもそもデジタル文字には表情がない。音楽のような感情も無い。

文字に表情や感情を与えることが出来るのは、ごく一部の文筆家だけと考えてもいい。補助的に顔文字も使えるようになって

いるが、それでも到底微妙な感情が誤解無く伝わるとは言えないだろう。全て悪いとは思わないが、自分の大切な気持ちを伝

えるには言葉に勝るものは無いように思う。 しかし、なかなか直接に言葉では伝えにくい事もある。今更こんなことを言うのは

気恥ずかしいとか、タイミングを逃してしまったとかいう場合もある。

そんな時は手紙の出番になる。達筆な人もいれば金釘流の人もいるが、一字一句考えながら書いた言葉には何か伝わるもの

があるはずだ。そうして呻吟苦闘することで、他人に自分の気持ちを伝える難しさも分かってくる。どうしても短い文章しか書け

ないという人には、取って置きの奥の手がある。

よくご存じの「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ」という、福井県丸岡藩の本田重次が陣中から妻に宛てた手紙

だ。近年福井県では毎年「日本一短い○○○の手紙」というコンクールをしている。この短さなら筆無精でも何とかなるかも知

れない。例えば、奥さんが朝起きてテーブルの上に目をやると「心では詫びつつも、断り切れず一杯が二杯」なんてメモがあっ

たりすると、ヒョッとして許してもらえるかもしれない。

  冗談はさて置いて、私はもっと変わった手紙があると思う。それは年賀状だ。昨今はパソコンで作る年賀状が大流行だ。

自分の悪筆を恥じることもないし、印刷屋さんに依頼する手間もない。自分だけのオリジナルな年賀状を楽しみながら作ること

ができる。昨年もらった年賀状を見て、顔を思い浮かべながら添え書きをする。全てというわけでもなく、書いてもごく短い文言

だ。

                 ○年元旦 受信                       

                       子供が生まれました

                 翌年元旦 発信

                       賑やかになりました ね

                 翌々年元旦 受信

                       やんちゃ坊主です

                 翌翌々年元旦 発信

                       その位がいいですよ

と続いていくと、これは間違いなく往復書簡で、しかも一年かかって一言をやり取りするながーい手紙ということになる。

  さて、今朝は誰からどんな年賀状が来たのか、ゆっくりと目を通すことにしよう。

 

          前の頁,五千回の生死   次の頁,漢詩・送元二使安西   本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁