《私の本棚  第十一》     1998年(平成10年)2月
     
    「インドで考えたこと」   堀田善衛 著
 
 「インドは人種のるつぼ」とは、よく言われる言葉です。人種・宗教・言葉が一国家とは思えないくらいに有り、恐らく同じくら

いに別個の価値観のグループが有るのでしょう。

 
 昨年テレビで、俳優がインドを貧乏旅行する設定の番組がありました。朝、聖なるガンジス河で口をすすぐ人、沐浴をする

人、そしてそのすぐそばに死体。そこに死体が有ることは、全く何の不思議もなくいやそれ以上に、生きた人間同士がすれ

違うのと同じ様に見えてしまう不思議な光景。河岸にある死体野焼場。その灰をガンジスに掃き捨てる。降り注ぐ灰の下で

子供が泳ぐ。私たちの価値観ではとうてい理解できない国。

 
 堀田善衛が(参考)インドに行かれたのは1956年と言う事ですが、今もあまり変わりないのではないかと思います。原子

爆弾も開発出来る位の知的レベルと同居する混沌とした世界。もし私が目的を持たずに訪問したとすると、帰国する気持

ちを失なってしまうのでは無いかという、漠然とした不安と魅力を感じます。

                                    

             前の頁 ,アルトハイデルベルク   次の頁 ,清兵衛と瓢箪   本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本                    トップ頁                    

 

 
 
 
紅梅 北野天満宮北野天満宮 (参考)

【本文との関係---発行季節】

 

紅梅