《私の本棚 第百六》   平成18年1月

    「送元二使安西」   王 維 
(盛唐)               

  漢詩、七言絶句。探しました、凡そ十年探しました。

この詩に触れたのは十五、六歳の時です。題名は忘れていましたし、作者は李白、と記憶違い。

起句の渭城と結句の陽関を思い出すことができませんでした。

 何故この詩が、それ程印象に残ったのか分かりません。

強いて言うなら、子供の心にも残るほどの名作ということなのでしょう。

 

             【送元二使安西】          【元二の安西に使するを送る】

 

             渭城朝雨浥軽塵           渭城の朝雨 軽塵を浥し

 

             客舎青青柳色新          客舎 青青 柳色新たなり

 

             勧君更尽一杯酒          君に勧む 更に尽くせ一杯の酒

 

             西出陽関無故人          西のかた陽関を出づれば故人無からん

 

  【背景】 

     渭水(川の名)を挟んで長安と渭城(現、咸陽)がありました。安西はシルロードを西へ、現在のタクラマカン砂漠

     に残 る遺跡、敦煌、楼蘭、玉門関などの更に西にあります。この時代の見送りは、数日間共に旅をし別れを惜しむ

     ことも多かったようです。別れに際しては、楊柳の枝を折って輪にし たものを贈り、行く人の旅の平穏を祈る習わし

    があったといいます。    約千三百年前の作です。

  【訳】

    渭城の町は昨夜の雨が土埃を洗い流し、空気もしっとりとしている

    旅館も清々しくさっぱりし、前の柳も塵を洗い落とされ尚一層青々と見える

    元二君、さあ、最後にもう一杯僕の杯を受けてくれ

    遙か西、陽関を出たならば、そこにはもう気心の知れた友達は一人もいないのだから

 

        前の頁,正月閑話長い手紙   次の頁,   本棚 目次 ,第二分冊読書感想,あんな本こんな本     第一分冊トップ頁

平城京、朱雀門

 

 

平城京

朱雀門

【本文との関係---イメージ】