《私の本棚 第十二》    1998年(平成10年)3月
 
    「清兵衛と瓢箪」  志賀直哉  作
 
 数多くの短編を著していますが、この作品もそのうちの一つです。物語は12歳の小学生で、格別に取り柄もない清兵衛

が瓢箪に熱中しているのを、両親も教師も快く思っていない。ある時父親と客が「馬琴の瓢箪」の話をしているのを聞いてい

 
て、あんなものは大したものではないと口出しをして叱られる。

   更には、自分が店先で十銭で見つけた瓢箪に熱中し過ぎたため、教師に取り上げられてしまう。 教師は家庭訪問で親に

注意をし、父親は怒りのあまり、清兵衛の瓢箪をみんな砕いてしまう。教師に取り上げられた瓢箪は、用務員の手に渡り、

用務員から骨董屋に 50円(四ヶ月分の給料程度)で売られる。骨董屋はさらに600円で豪家に売ってしまう。

    清兵衛は今度は、絵を描くことに熱中している。

 
 物語はそれだけですが、現在の偏った価値観の中で悩んでいる子供たちにも、なにかしら安心感を与えるようにも思いま

す。ちなみにこの作品は、滝沢馬琴を愛読する父親が 、志賀直哉(参考)が小説を書くことに反対していた事への、メッセ

ージでもあると言われています。                            

                                    

                     前の頁 ,インドで考えたこと   次の頁 ,漂泊の魂   本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本                                       トップ頁  

                                                     

                                   瓢箪

 高さ30pを超える見事な瓢箪

  【本文との関係---主題】

   製作は岡田満蔵氏  栓は管理者が作成