《私の本棚 第十五》    1998年(平成10年)6月

                  挿秧(そうおう)    范成大  作

      種密移疎緑毯平・・・ 種(う)うること密に 移すこと疎に 緑毯平らかなり

      行間清浅穀紋生・・・ 行間清浅(ぎょうかんせいせん) 穀紋(こくもん)生ず

      誰知細細青青草・・・ 誰か知らんや 細細青青(さいさいせいせい)の草

      中有豊年撃壌声・・・ 中(うち)に豊年撃壌(げきじょう)の声有らんとは

    ( 訳 )  

     苗代にぎっしり植えていた苗をまばらに本田に移し植えると、一面、平らに緑の絨をしいたよう。

     苗の間の清らかな浅い水にはちぢみの紋のような波がたっている。

     この細くて青々した草の中に、すでに豊年を祝う撃壌の声(太平を謳歌する歌声)のあることを誰も知るまい。      

                                                          (石川忠久氏訳) 

いよいよ田植えシーズン到来。激変する現代も、800年昔の時代も心風景は同じ。

 

             前の頁 ,徳田秋声の黴   次の頁 ,チップス先生さようなら   本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本                 トップ頁                                
 
 
 
住宅地の田んぼ住宅地周辺の田圃
 
 
 【本文との関係---テーマ】