《私の本棚 第十六》    1998年(平成10年)7月

     「チップス先生さようなら」  ジェームス・ヒルトン

確か平成7年か8年だったと思いますが、文部省推薦という懐かしいお墨付きの映画を見ました。「陽の当たる教室」と

いうこの映画を見ていて、子供の頃に読んだ「チップス先生さようなら」を思い出しました。

 出世競争という言葉とはあまり縁がなかった主人公ですが、子供たちの人気や信頼は絶大。主人公チップス先生は、今

は定年をとっくに迎え、学校のすぐ近くで静かに暮らしています。退職していても、学校の鐘とともに生活をしています。か

つての教え子は英国紳士になり、その子供達が学校の帰りにおやつとお茶を目当てに訪れます。チップスは、過去と現

在の間を想いで豊かに暮らしています。

 「チップス先生さようなら」という言葉は二箇所あります。一つは、若くして亡くなった奥さんと結婚する前の日、生真面目

な自分をからかってそう言われた時。もう一つは、自分の命の火が 消える前の日、いつものように子供を送り出した時の

二度です。

 光り輝くような、スポットライトを浴びるような人生ではなかったけれど、し っかりと人生を歩いた姿がよく伝わってきます。

          前の頁 ,漢詩,漢詩,挿秧  次の頁 ,蜘蛛の糸   本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本                    トップ頁

 

海住山寺 だるまおみくじ 達磨お神籤海住山寺(参考)

 だるまおみくじ

【本文との関係---特になし】