《私の本棚 第二十二》    1999年(平成11年)1月
 
     「宇治拾遺物語」     説話集
 
 宇治拾遺物語の母体は「宇治大納言物語」です。研究した人の結果では、登場人物260名のうち240名は歴史上実

在したが、年代的矛盾をはらんでいるということです。

 
 芥川龍之介の作品(参照)と、宇治拾遺物語や今昔物語は関係が深く、「羅生門」「偸盗」「薮の中」「鼻」「芋粥」などがあり

ます。

 
 宇治拾遺物語の中で鼻は「鼻長き僧の事」と言う説話として載っています。昔、池の尾(宇治市池の尾地区)に位の高い僧

がいて賑わいのある寺があった。この僧にも一つだけ悩みがあって、あまりにも鼻が長いので食事がしにくい。更には大変

 
かゆいので、2〜3日に一度この鼻を茹でて、足で踏む治療をする必要があった。ある日、食事の「鼻持上げ係」が病欠を

したので一人の童に代理をさせた。最初は上手にしていたので誉めていたが、童がくしゃみをした拍子に鼻が粥の中に落

 
ちてしまう。今しがた誉めた事を忘れて多いに罵るが、逆に「こんなに大きな鼻を持った人がどれほどいるとお思いですか」

とやり込められてしまう。高僧とはいうものの、それらしくなく庶民的なところが説話らしい。

                                   

           前の頁 ,あゝ野麦峠   次の頁 ,髪切り魔    本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本                     トップ頁                                 

                                      

平等院、鳳凰堂
 
 
宇治(参考)

平家物語

【本文との関係---地理】