《私の本棚 第二十四》   1999年(平成11年)3月
       
    「猟人日記」    ツルゲーネフ  作
 
 猟人日記と題されてはいますが、狩人の「私」を主人公にした短編集と言えます。約百五十年位前のロシアで、貴族社会

が没落していく頃を背景にしています。貴族である私が、狩猟に行く先々で、農奴たちの自然な心に感じる様子が描かれ

 
ています。
 
 その中の一遍に「チェルトプハーノフとネドピュースキン」があります。ある貴族が死亡し相続人が一堂に会します。今や

実態を失いつつある「貴族」によりかかって生きている人たちが集まってきます。その中でも力関係があるわけですから、

当然最下位に位置する人もいます。人を馬鹿にした態度と言葉で「一体どこの椋鳥か、きかしてもらいましょう。」と言われ

た弱者に、「おれのご先祖は皇帝陛下にお仕えしたんだ、貴様こそ何者だ」と逆襲され引き下がるくだりがあります。貴族

階級にある作者の視点がよく表わされていると思います。零落した貴族出身の父と、はからずも莫大な資産を相続した母

があったからこその作品ともいわれています。

 
 この小説を読んだ皇帝は農奴解放令(参考)を発布しました。

            前の頁 ,髪切り魔   次の頁 ,白秋のこの道    本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本                 トップ頁

                                      

梅,うめ

【本文との関係---発行月】