《私の本棚 第二十九》   1999年(平成11年)8月
    
    「トムソーヤーの冒険」   マーク・トウェイン
 
 ああ、小学生の頃に読んだことがある・・・・と多くの人が思い出すアメリカ文学作品でしょう。同世代の少年少女が主人公

として、子供らしい夢や冒険を繰り広げます。主人公のトムは、いたずら心旺盛でかつ機智に富んだ少年です。大変嫌

 
な「塀のペンキ塗り」という仕事を言い付けられたとき、遊んでいる友達の姿を見かけると、塀のペンキ塗りほど面白い仕事

はないという様に振る舞います。そして、「君の持っているリンゴをくれるなら変わってあげても良いよ」と言って、まんまと仕

事をしない事とリンゴの両方を手に入れます。憎めない悪童を主人公に、のびやかな自然の中で子供の世界を描き出しま

す。

 
 舞台はミシシッピー河沿いですが、作者はこの河で水先案内人をしていた事もあり、マーク・トウェインと言うペンネームも

それに由来するという事です。この後、「トムソーヤーの探偵」「トムソーヤーの探検」「ハックルベリフィンの冒険を書い て

いますが、全て大人の世界を風刺したものとの事です。

 

             前の頁 ,蟹工船   次の頁 ,暗夜行路    本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本                 トップ頁                                       

 

 

美山 茅葺きの里美山町

 
かやぶきの里