《私の本棚 第三十一》    1999年(平成11年)10月
 
     「変 身」     カフカ 作
 
 「ある朝、グレゴール・ザムザがなにか気がかりな夢から目をさますと、自分が 寝床の中で一匹の巨大な毒虫に変ってい

るのを発見した。」という書き出しで始まるこの作品は、怪奇小説ということも出きますが、なにかそれだけでは説明し切れ

 
ないものがあります。フライというアメリカ映画に、物体を転送する機械を発明した人が、機械に紛れ込んだ蝿に変身してし

まうというものがありましたが、そう言ったものとは少し違います。

 
 一家の経済的柱であった長男が、ある朝突然ゴキブリ風の虫に変身しています。驚きと困惑の中で、両親や妹は一生懸

命世話をしつつ生活をしています。非日常的な出来事と日常的な生活を淡々と書いている所が、読者をしてどう評価して良

 
いのか分らなくしています。色々な解釈はあるとは思いますが、私は主人公の精神的変心というように感じます。それまで

一応まとまりのあった家族の、親子・兄弟・夫婦と言った関係が知らず知らず変化し、突然表面化する。そんな暗示のよう

 
に思うのですがどうでしょうか。                                        
         

                       前の頁 ,暗夜行路   次の頁 ,ジキル博士とハイド氏    本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本                 トップ頁                                        

 

蓮