《私の本棚 第三十二》     1999年(平成11年)11月
 
    「ジキル博士とハイド氏」    スティーブンソン
 
 この作者の代表作は、「宝島」とこの作品ですが、作者の名前は思い出せなくても作品名はたいていの人が知っていま

す。冗談めかして友人に、「君はジキルとハイドやなぁ」等と使うこともあるくらいです。

 
 「十一月×日::俺が下らない文学者だと?思想がうすっぺらだの、哲学が無いのと、言いたい奴は勝手に言うがいい。

要するに、文学は技術だ。概念で以って俺を軽蔑する奴も、実際に俺の作品を読んでみれば、文句なしに魅せられるに決

まってるんだ。・・略・・」これは南サモアで没したスティーブンソンをモデルにした中島敦の小説の一部ですが、スティーブン

ソンの自負心を表しています。

 
 人間は善悪の占める大きさで善人と悪人の評価が決まるのですが、ハイドは完全な悪のように書かれています。現在で

は二重人格どころか、多重人格の存在が知られています。人の心には、悪人と評されているが善人と呼ばれてみたい、善

 
人と評されているが羽目を外してみたいという矛盾が存在します。それを端的に表現しているので面白いのでしょう。   

                                  

                                 

                前の頁 ,変身   次の頁 ,夢十夜    本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本                   トップ頁                              

 

大台ケ原,原生林
 
大台ケ原山

原生林