《私の本棚 第三十三》    1999年(平成11年)12月
 
    「夢十夜」    夏目漱石 作
 
 夏目漱石といえば「坊ちゃん」というイメージが大変強いのですが、「吾輩は猫である」「虞美人草」「草枕」等を立て続けに

発表していた頃の作品の中で、夢十夜は趣が異なります。こんな夢を見たと読者に話しかけますが、その中身は現在の

「私」と過去の世界が融合していて、何か新しいものを模索しているようにもとれます。

 
 第六夜は運慶が護国寺の山門で仁王を刻んでいるのを見て、自分もやってみるが失敗します。私は、運慶の鑿さばきを

表現しているところが気に入っています。

 
 「運慶は今太い眉を一寸の高さに横へ彫り抜いて、鑿の歯を堅に返すやいなや斜めに、上から槌を打ち下した。堅い木

を一刻みに削って、厚い木屑が槌の声に応じて飛んだと思ったら、小鼻のおっ開いた怒りの鼻の側面がたちまち浮き上が

 
ってきた。」見物人は、あれは鑿で作るのではなくて、単に木の中に埋まっているものを掘り出しているだけだから、間違う

はずはないと言います。正に名人芸の極みです。

                                             

        前の頁 ,ジキル博士とハイド氏   次の頁 ,さまよえる湖    本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本                 トップ頁                                         

 

紅葉,もみじ
 
奈良県 和佐又山

山裾には1本のモミジが燃えさかっていました。

数センチの実生を1本頂戴しましたが、今は1.5メートルくらいになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大普賢岳

 

 

1779.9メートルの頂上

大峰山頂が望めます。