《私の本棚 第三十四》       2000年(平成12年)1月

    さまよえる湖」   ヘディン  

 

子供の頃は娯楽と言っても何もない時代でしたから、暗くなるまで表で遊んで、ラジオを聴きながら夕食をするのが

普通の生活でした。そんな時にこのスエーデン人、スエン・ヘディンの探検物語を何度かにわたって聴いた記憶があり

ます。

 今では、タクラマカン砂漠やゴビ砂漠を南北にさまよう(移動する)広大なロプ・ノール湖は、証明し認められていま

す。しかし発見発表された当時は、世界で一笑に付されていました。ある程度時間の流れを理解しうる範囲で、湖が

移動するはずがないと言うことが常識でした。しかしこの湖は約1600年周期で移動することが分かっています。

 敦煌や楼蘭は現在では砂漠の中の遺跡ですが、かつてはロプ・ノール湖畔にあったことも知られています。しかもヘ

ディンが1935年に調査した湖は、今は全くその姿はありません。仕組みはこうです。ヒマラヤ山脈を源にする水は

砂漠の砂の下に流れ込みます。そして地殻変動で、たらいの中の水を揺するように移動します。

壮大な自然の働きです。

           前の頁 ,夢十夜   次の頁 ,街道をゆく    本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本                 トップ頁                                  

伏見稲荷

 

初詣

伏見稲荷