《私の本棚 第三十九》      2000年(平成12年)6月    

「四面楚歌」    藤堂明保    中国名言集より

       

この言葉は、高校の漢文教科書にも出てきましたので、そのいわれをよくご存じの方も多いと思います。

 紀元前204年、洛陽の近くで漢の劉邦(りゅうほう)と楚の項羽が数ヶ月にわたって対陣していました。両陣営のあっ

た山は約八百メートルを隔てているのみです。項羽はたぐい希な武将でしたが、形勢不利で川辺に追い詰められます。

世に言う「垓下の戦」です。ある夜、漢の陣営から謀略によって懐かしい楚(自国)の歌が聞こえてきます。項羽は、

漢が楚国の人を編入して軍を強化している事を(という風に)悟ります。

項羽は妻(虞美人)に辞世の歌を歌います。

       力は山を抜き、気は世を蓋(おお)う、

       時に利あらず、騅(スイ、愛馬の名)逝かず

       騅の逝(ゆ)かざるは、いかんずべき、

       虞(グ)や虞や、若(なんじ)をいかんせん

 虞美人の墓に生えた草を虞美人草と言います。

                      前の頁 ,草枕    次の頁 ,日曜日     本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本                  トップ頁  

                                                                                                     

アジサイ,

 

紫陽花