《 私の本棚 第四》   1997年(平成9年)7月
   
      「聊斎志異」   蒲松齢  著
 
 この聊斎志異(参考)本の存在を知ったのは、30数年も昔(中学生か高校生の頃)のことです。今の近畿放送、当時はラ

ジオ京都と言ったと思いますが、午後10時か11時から5分間の味わい深い朗読があり、楽しみにしていました。

  今から300年以上昔の作品ですが、中は短い物語に分か れています。全編ことごとく魑魅魍魎、仙人、狐、鬼、化け物、

不思議な人間などに関した話です。表現は素直で整然としており、怪異の世界と人間界が入り混った世界を書ています

が、読み手には格別の不自然さは感じられません。それどころか、妙に共感や納得さえ覚えます。日本で怪談と言えば四

谷怪談や牡丹灯籠など、幽霊になって人に取り憑く恐ろしいものですが、聊斎志異の登場者は親しみの持てるものばかり

です。

  手元に昭和45年発行、角川文庫の「完訳聊斎志異」がありますが、残念ながら全4巻の内第3・4巻しか残っていませ

ん。

                                   

            前の頁 ,アルビントフラー,第三の波   次の頁 ,津本陽   本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本                       トップ頁                        

 

 
 
白川郷 合掌造白川郷(参考)
 
【本文との関係---発行季節】

合掌造(長瀬家)