《私の本棚 第四十》      2000年(平成12年)7月   

「日曜日」 三島由紀夫 

三島由紀夫と言えば当然、「金閣寺」が思い出されます。しかしその一方でより多くの読者が得られる通俗的小説も書い

ています。「美徳のよろめき」「禁色」等は、生活の為に書いたと言っています。しかしそれとても決して低俗ではなく、文学

作品として通用するものです。

 日本文学研究者ドナルド・キーン氏によると、「小説家が苦悩の代表者のような顔をするのは変だ」と思うようになり、い

つも上機嫌に振る舞っていたそうです。もしも生活感情の中に、絶望や哀れっぽい自己諧謔を盛り込む意志があれば、

一流の私小説家になっただろうにとも言っています。

 「日曜日」の最後では、仲良く湖畔のピクニックに出かけた恋人同士が、帰途に混雑のホームから転落して二人とも轢

死します。その最後の場面が、何かしら作者の最後(自決)と重なります。キーン氏が作者の生前に言った「自分のこしら

えたあらゆる芸術作品の中で最高の傑作は自分である、とワイルドが書いていたが、三島にもあてはまるのではないだ

ろうか。」と言う言葉は印象的です。

                           前の頁 ,四面楚歌    次の頁 ,山椒太夫     本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本               トップ頁

                                                                                                               

琵琶湖

 

琵琶湖岸の凧揚げ