《私の本棚 第四十二》 2000年(平成12年)9月  

「イソップ物語」 イソップ 

 

一時、グリム童話の原作はこれだ、といって沢山の本が出版され店頭に並んでいました。イソップ物語にはそのようなも

のは無いと思います。イソップは二千六百年くらい昔のギリシャ人で、この物語を文章にしたのではなく人々に語り聞かせ

ていたそうです。その数百年後に、文字に記録されたそうです。現代の日本でも、アイヌの伝承を記録している人がおられ

るようです。

 「アリとキリギリス」「ウサギと亀」などはあまりにも有名で、そんなに遠い国の、そんなに古い時代の話だとは余り意識し

ないほどです。つい先頃もテレビで、登山をするグループを分けるのに「ウサギさん組と亀さん組に分けます」といっていま

した。使っている意味はイソップ物語とは全く違うのですが、きちんと元の意味を承知の上で使っておられ、尚かつ聞く方も

何の違和感もありません。物語集の沢山の話からは教えられる事ばかりで、人間としての根本的な在り様は、どんなに時

代が変わろうと普遍であることを知ります。

                            前の頁 ,山椒太夫    次の頁 ,天平の甍     本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本                 トップ頁

                                                               中央アルプス駒ケ岳

 

中央アルプス駒ヶ岳