《私の本棚 第四十五》 2000年(平成12年)12月   

 
「歌集・一握の砂」  石川啄木 (参考)

        東海の小島の磯の白砂に                       たはむれに母を背負ひて

        われ泣きぬれて                             そのあまり軽きに泣きて

        蟹とたはむる                               三歩あゆまず

 

 岩手県渋民村の、貧乏な家(寺)に生まれたこと。二十六歳で亡くなったこと。経済的に恵まれず、金田一京介に

も援助を受けていたこと。そのような事実のみを知ると、誰しもが、彼の歌に彼自身を重ねてしまいます。 

   しかし彼は、渋民村で考えられないほど良い教育を受けて、英語を自由に読めるようになり、西洋文明の驚くほどの知識

を身につけていたこと。十六歳で東京に出て与謝野鉄幹・晶子に可愛がってもらっていたこと。バイオリンを習ったこともあ

り、西洋音楽にも理解があったこと。友人の斡旋で朝日新聞に就職、実績も無いのに東京毎日新聞の連載小説を依頼され

ていたこと。周囲の好意に報いることが殆ど無かったこと。それらを知って別の作品を読むと、また違った感想を抱きます。

 

      こころよく                                                                                        その膝に枕しつつも                      

      人を讃めてみたくなりにけり                                                          我がこころ                                                    

      利己の心に倦めるさびしさ                                                           思ひしはみな我のことなり               

                            前の頁 ,三国志    次の頁 ,第三の波     本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本                   トップ頁

                                                                                                                                  

もみじ、モミジ

 

もみじ