《私の本棚 第四十六》  2001年(平成13年)1月 

 「第三の波」 アルビントフラー  

 未来学者の氏は、この書物の中で「第一の波」を、遊牧民が定住し農耕をするようになった時期。「第二の波」を、産業革命

後の市場経済社会成立後の時期。「第三の波」は、まさに現在進みつつある全く新しい社会の時期と位置づけている。第一の

波は完成に数千年を要した。第二の波はわずか三百年で済んだ。第三の波が歴史を洗い、波が消え去るのには数十年もか

からないかも知れないと記している。

 私が小学生の頃までは、テレビは非常に高価で一般に普及していなかった。自転車も高価品、電話も町内に一台位しか無

い時代であった。今はテレビや電話は生活必需品であり、自転車は盗まれても余り気にしなくなり、携帯電話は高校生でも持

っている。それどころか電話としての機能は、何モノかの一部分と化しつつある。パソコンの進歩と普及は驚きの気持ちさえも

ついていけない。インターネットは情報の発信と検索に関して、国境を人々の意識から消し去った。記録媒体も角砂糖一個の

大きさに、国立図書館を丸ごと収められる日が近い。「習うより慣れよ」が益々増える。

 

             前の頁 ,一握の砂    次の頁 ,正月閑話 福寿草     本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本                 トップ頁                                                        

近江富士

 

近江富士

日の出