《私の本棚 第四十八》  平成13年3月 

 「敦 煌」 井上靖
  

  物語は主人公の趙行徳(ちょうぎょうとく)が、進士の試験を受けるところから始まる。合格は間違いなく、ただ、何番で

合格できるかが気に掛かる位の秀才である。しかし最終の口頭試問の段階で、不覚にも春の陽気に誘われて居眠りをし、

自分の名前が呼ばれたことにも気づかない。ここから波乱の人生が幕開いていく。

  思いがけず誰も読めない西夏文字に出会い、西夏に行こうとして兵士にされてしまう。紆余曲折を経て望みは叶うが、最

後には敦煌の千仏洞におびただしい量の教典を隠す。物語はここで終わる。一種不思議な雰囲気をもった作品です。

  この題材になった教典は、後年偶然に発見されますが、イギリスの探検家スタインが大量に持ち帰っています。日本の

大谷探検隊も持ち帰ったはずです。

 地図で見ると京都から敦煌まで直線距離約 3500q、敦煌からバーミヤンの石窟群まで約 2000qです。バーミヤンでは

歴史にはつきものの破壊がタリバン勢力によって行われています。そして季節は早春。遙か彼方のゴビ砂漠やタクラマカン

砂漠の黄色い砂が、日本の空をただよい車や家を染めています。

           前の頁 ,随唐演義    次の頁 ,唐詩 春雨後         本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本              トップ頁

                                                                    

薬師寺

 薬師寺       練り供養