《私の本棚 第五十》  平成13年5月   

 
「千曲川旅情の歌」  島崎藤村 

                       

                              一

       1                        2                         3

   小諸なる古城のほとり                あたゝかき光はあれど               暮れ行けば浅間も見えず

   雲白く遊子悲しむ                  野に満つる香りも知らず              歌哀し佐久の草笛

   緑なす繁婁は萌えず                浅くのみ春は霞みて                千曲川いざよふ波の

   若草も藉くによしなし                麦の色わづかに青し                岸近き宿にのぼりつ

   しろがねの衾の岡辺                旅人の群はいくつか                濁り酒濁れる飲みて

   日に溶けて淡雪流る                畠中の道を急ぎぬ                 草枕しばし慰む

 

                              二

       1                    2                   3                   4 

   昨日またかくてありけり          いくたびか栄枯の夢の        嗚呼古城なにをか語り          千曲川柳霞みて

   今日もまたかくてありなむ        消え残る谷に下りて          岸の波なにをか答ふ            春浅く水流れたり

   この命なにを齷齪             河波のいざよふ見れば       過し世を静かに思へ            たゞひとり岩をめぐりて

   明日をのみ思いわづらふ        砂まじり水巻き帰る         百年もきのふのごとし            この岸に愁を繋ぐ

 

(注:横書きで見にくいため、算用数字を振りました。)   

                      前の頁 ,春雨後    次の頁ガリバー旅行記 ,     本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁

信州,大鹿村

 

信州 大鹿村