《私の本棚 第五十三》  平成13年8月

    

「十五少年漂流記」 ジュール・ベルヌ  

 

今は子供たちの夏休み真っ盛り。子供の遊びが変わったとはいえ、炎天下でせみ捕りに夢中の子や、スケートボード、曲乗

り用自転車を一生懸命練習している子供達も見かけます。その元気さに、時にはうらやましく思ったり、妙に安心したりする事

もあります。

 ジュール・ベルヌは空想科学小説をたくさん書きました。子供の頃から冒険好きでしたが、ある時親に叱られてから「頭の中

だけで冒険をします」と約束したようです。その結果、沢山の空想冒険小説が残っています。この本も、子供達の夏休みの読

書に最適な一冊だと思います。

 十五人の多国籍小中学生が船で漂流し、無人島で助け合って集団生活をおくります。出てくる自然環境や動物は少し変なと

ころもありますが、それは大人の濁った目で読むからでしょう。子供達にはもっと素直に、自分と同年代の少年が色々な困難

を乗り越えて、数年の間に成長して行く過程を共有してもらいたいと思います。茶髪のスケボー集団に(通行の邪魔をして)す

みませんと謝られたことがあります。思わずこちらも「こんちは―」。

 

 

          前の頁 ,俘虜記    次の頁,夫婦善哉     本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁

カンナ

 

炎天下のカンナ