《私の本棚 第五十四》  平成13年9月  

「夫婦善哉」 織田
作之助  

 

大阪は活気があるとよく言われます。活気と言うよりは、何かしら独特の空気といった方がよいのかも知れません。何でも受

け入れてくれそうな温かさとでも言うのでしょうか。ゴチャゴチャとした中に、ホッとできる不思議な間合いです。大阪の南には、

今でもそんな空間があります。

  夫婦善哉は良く知られています。年中借金取りが来るような貧乏人の家に生まれて、ろくに教育も受けられずに女中奉公、

芸者見習、芸者となってきた蝶子。格別の不自由なく育った化粧品問屋の息子、維康柳吉。ある意味では腐れ縁とでもいうよ

うな二人の関係。

  この小説は、天王寺に生まれた作者だからこそ書けたものと思います。妻子を捨てて蝶子と同棲する柳吉ですが、儲かれ

ばすぐに遊蕩三昧で倒産。それでも蝶子は、そんな柳吉のことがどうしようもなく好きで好きでたまりません。ヤトナをして生活

を立て直す繰り返し。そんな二人の生活が、違和感もなく陰気くさくもなく展開されます。それを溶け込ませてしまう南の町。「不

思議なるかな夫婦の縁」そんな言葉を聞いたことがある様な気がします。

 

              前の頁 ,15少年漂流記    次の頁 ,スタンド・バイ・ミー     本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁

法善寺横丁

 

法善寺横丁