《私の本棚 第五十五》  平成13年10月    

 
「スタンド・バイ・ミー」  スティーブン・キング  

 

アメリカではどうか知りませんが、日本では小説よりも映画で有名でしょう。私がいいなと感じているのは、映画なのか音楽な

のか小説なのか判然としません。原作はThe Body つまりは「死体」という題ですが、主題曲はスタンド・バイ・ミーです。この曲

は映画のおかげで、25年ぶりに全米シングル・チャートのトップ・テン入りをしたそうです。 私も録音テープを持っています。

 物語は何かしら「ハックルベリフィン」や「トムソーヤー」を感じさせます。悪ガキ達がいて、みんなで一寸とした冒険をします。

今までの自分の世界は精々半径5`位だったものが、ある日10q、20q向こうの死体を探しに行く冒険です。大人になってから

振り返れば郷愁を感じる日々。誰にでもそんな冒険の一つや二つはあると思います。

 この作品から受ける印象と「死体」と言う原題に違和感があります。それは当然で、作者はモダンホラーの旗頭と呼ばれてい

るそうです。そういえば「ミザリー」という映画を見た記憶があります。ヒッチコックとは少し違う怖さです。これは「普通の作品」と

の事。

                        前の頁 ,夫婦善哉    次の頁 ,武蔵野     本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁

大鳴門橋

 

大鳴門橋

と四国(淡路島より)