《私の本棚 第五十六》   平成13年11月 

 「武蔵野」  国木田 
独歩   (参考)

 

学校の文学史のテキストでは、独歩=武蔵野として記憶したような気がします。それはやはりこの作品が、自然主義文学

の先駆として高い評価を受けたからでしょう。

 初めて読んだときは、何かしら読みにくいと感じました。普通の小説とは異なり、私と他人との関わりが希薄です。少しは

言葉を交わす場面もありますが、それは心の交流ではなく、武蔵野を吹き抜ける風と木立の関係のようなものです。そもそ

もこの作品を文学として読むのがいけないのかも知れません。大きなキャンバスに描かれた武蔵野の風景を、ゆっくりと眺

めるような気持ちで文字を追う。まるで絵画を鑑賞するように・・・。

 哲学者三木清は著書人生論ノートの中で、東洋人は自然の中で安らぎを感じ、西洋人は自然の中で孤独を感じると書い

ています。独歩はまさに東洋人です。今の武蔵野市は吉祥寺のような都会を有していますが、「武蔵野」というのは相当広

範囲を指すようです。私も吉祥寺、八王子、高尾などに行ったことがありますが、残念ながら作品に出てくるような「これぞ武

蔵野」という場所へは行ったことがありません。

 

                   前の頁 ,スタンド・バイ・ミー    次の頁 ,アラビアンナイト     本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁

武蔵野稜

 

昭和天皇武蔵野陵