《私の本棚 第五十八》  平成14年1月 

「夜明け前」
    藤    (参考)

 

大作、紛れもない大作。しかし普通に読んでインパクトがあるかというと、そうではない。冒頭はそらんじているひとが多い

かも知れない。

 「木曽路はすべて山の中である。あるところは岨づたいに行く崖の道であり、あるところは数十間の深さに臨む木曽川の崖

であり、あるところは山の尾をめぐる谷の入り口である。一筋の街道はこの深い森林地帯を貫いていた。」

藤村は木曾馬籠で代々本陣・庄屋をつとめた家に生まれた。しかし明治維新を境に、街道の参勤交代宿場としての役割が

なくなるにつれて没落して行く。そんな時代を生きた実父と主人公を重ねて話が展開して行く。現在では情報は身の回りに溢

れている。しかし文明の夜が明ける前には、江戸や京の情勢情報はこの宿場で交差し、落とされていく。江戸の情報は京の

人より早く、京の情報は江戸の人より早く耳に入る。

 ある時、馬籠から妻籠への道、渋滞を避けるため地元ナンバーの車について山中を走りました。走っている車もありました

が、歩くべき道だったと反省しています。

   前の頁 ,アラビアンナイト    次の頁 ,正月閑話「不老長寿」     本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁

木曾,馬込

 

木曾

馬籠宿