《私の本棚 第六十》  平成14年3月 

 
「坊っちゃん」  夏目 漱石 

 

書き出しは、子供のころの悪ガキぶりを披露するところから始まる。そのあっけらかんとした罪のない悪ぶりがおもしろい。多

分最近では滅多にお目にかからない手合い。長じては田舎の松山中学(坊っちゃんがそう言っている)教師に赴任する。少しは

年もとって成長したが、負けん気と正義感は健在。周りにはユニークな先生たちがいる。兎に角面白い。

 この舞台になった松山中学や道後温泉は、漱石が実際に赴任して生活していたことはご承知のとおり。何度も映画化されて、

見た人も多いと思います。私はこの主人公「坊っちゃん」の設定は、漱石自身が「こんな風な子供時代でありたかった」と思って

いたのではないかと想像します。

 漱石は明治二十八年四月から翌年三月まで松山中学に赴任しています。当時は校長以上の給料をもらっていたそうです。明

治三十六年にイギリス留学から帰ってから、東京帝国大学英文科講師をしています。そして三十九年に坊っちゃんを執筆して

います。そんな作者ですから、決して作中の主人公のような人ではなく、洗練された先生だったのでしょう。

               前の頁 ,ハンガリー民話    次の頁干し草の月 ,    本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁

からくり時計,道後温泉

 

道後温泉近くの

からくり時計

【本文との関係---地理】