《私の本棚 第六十五》  平成14年8月  

 
「最後の授業」  ドーデ   

  

ドーデというフランス人作家は、あまり馴染みのない人ですが、少年少女向けの作品を書き残しています。1869年に出

版された「最後の授業」は、その中の代表作です。

  この短編小説で唯一、古さ、を感じるのは教室がアメル先生の自宅という点です。舞台はアルザスの小さな村の学校で

す。勉強嫌いのフランツは、宿題をしたことがありません。最後の授業の日も遅刻です。しかし先生はいつもと違い、優しく

フランツを迎えます。教室の後ろには、村長さんはじめ色いろな人達が、授業を受けるために座っています。先生は「ベルリ

ンから命令が来て、アルザスとロレーヌの学校ではドイツ語以外の言葉を教えられなくなった」ことを伝えます。そして最後

に、黒板に大きくフランス語で、「フランスばんざい」と書きます。フランツの悔悟の気持ちを通じて、同年代の子供だけでな

く、大人にも訴えかけるものがあります。

 アルザスとロレーヌは、ドイツに国境を接しており、ドイツ領になったりフランス領になったりということを繰り返し、現在はフ

ランス領です。住民はもちろんフランス人という意識を持っていますが、ドイツ語訛りがあって難しい背景を持っていたようで

す。

 

                       前の頁,風立ちぬ    次の頁,風の盆恋歌    本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁

多賀大社,万灯祭

 

多賀大社

万灯祭

【本文との関係---発行の季節】