《私の本棚 第七》    1997年(平成9年)10月
 
    「西遊記」    呉承恩 
 
 西遊記は知らない人がいないくらい有名な本です。子供でも孫悟空と言えば皆知っていますし、漫画本にもなっていたと

思います。私もこの本に初めて接したのは、小学2〜3年生の頃でした。

 約400年昔に書かれたものですが、題材となった三蔵法師がインドから仏典を持ち帰った(参考)のは、更に遡ること900

年の昔です。 この物語の面白さは、次々と展開する奇想天外な冒険と、孫悟空・沙悟浄・猪八戒が滅法強いわりに、大食

らいであり色欲も大いにある等、読者にとってもかけ離れたヒーローではなく、身近に感じられる点にあると思います。 大

人向き子供向きそれぞれが出版されていますが、子供の時に読んだきりで、大人向きの孫悟空なんて知らないという人も

多いかと思います。

  当時三蔵法師が立ち寄ったはずの敦煌や楼蘭は、満々と水をたたえるロブノール湖畔(参考)にありました。今 は砂漠

の中にその痕跡を残すだけになっています。近くに小河墓遺跡(別称「千の棺が眠る墓地」、3〜4千年前)があります。胡楊

(やなぎ)の木でできた柱(祭祀用)が朽ち果てずに林立しています。住みよい環境の水の豊かな土地であったことが分かっ

ています。数多くのミイラが発掘されましたが、身長160センチ余りの欧風美人のミイラが強く印象的に残っています。明ら

かに他所から来たであろうこの人は、どんな人生を送り何を思い何故若くして亡くなったのか?知るすべはありませんが、

ついつい思いを馳せてしまいます。                     

                                    

                 前の頁 ,泉鏡花の高野聖   次の頁 ,小説十八史略   本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本                  トップ頁                               

 

 薬師寺 玄奘三蔵院

 

薬師寺玄奘三蔵院

【本文との関係---縁】

平山郁夫画伯の壮大な「大唐西域壁画」があります。公開の時期が決まっていますので、予め確かめる必要があります。

(参照)