《私の本棚 第七十一》    平成15年2月  

「あしながおじさん」   ウエブスター  

  

主人公ジルーシャは、孤児院で生活をする聡明で快活な少女です。十七歳の今日まで普通の家庭の暖かさを知りませ

ん。もちろん、外の世界を見たこともないと言って良いくらいです。ある日、この孤児院の評議員の一人が、ジルーシャの能

力を認めて大学へ行かせてくれることになります。自分の名前は匿名として、学費から寮費、小遣いまで支給をしてくれま

す。ただし条件は、毎月一度勉強の進み具合を手紙で報告しなければなりません。ジルーシャは、毎月どころか繁く報告を

します。その報告書簡が小説の形になっています。主人公は、顔や姿を見たことのないこの篤志家をDaddy-Long-Legsと呼

びます。

  この女流作家ウエブスターは、母方の叔父がトムソーヤーを書いたマーク・トウェインです。お父さんは出版社を経営し、

小説の主人公とは違い裕福な家庭でした。自分の恵まれた環境に浸かりきることなく、社会事業にも熱心で、作品と実生活

はかけ離れたものではなかったようです。題名の「あしながおじさん」は、たしか日本の「あしなが交通遺児育英資金」にも冠

されたと記憶しています。

 

               前の頁,天まであがれ    次の頁,居酒屋,    本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁

 

オダマキの花

 

オダマキの花

【本文との関係---特になし】