《私の本棚 第七十二》  平成15年3月 

 「居酒屋」 エミール・ゾラ
 

 

この小説を読み始めると、なぜかくも悲惨な状況を書き連ねるのかという疑問が湧きます。人は努力しても幸せになれない

のか?と・・・・。

 女主人公ジェルベーズは不幸な結婚から解放されて新しい家庭を持ちます。洗濯屋を始めて繁盛しますが、それも長続きし

ません。夫ランチェのアル中と死。自分自身も拾い食いまでするほどの困窮とアル中から孤独死。娘は転落の道を辿ります。

 しかし最後まで読み終えると、不思議に最初の嫌な気分が残りません。この不思議さは何だろうと、ゾラが生まれた1840年

頃のパリの居酒屋について調べてみました。当時無数にあった居酒屋は単に酒を飲むところではなく、諸事の相談の場所か

ら食事、宿を兼ねていたようです。大衆にとっては大変重要な場所でした。しかし一方、酔いどれ、盗み、放蕩、怠け癖、貧困

家庭崩壊の温床だと非難されていたようです。何しろ、酒を止めてまじめに生活をした人には賞金まで出していた程です。

喜安朗氏著「近代フランス民衆の個と共同性」や、論創社発行「パリ職業づくし」を併せて読むと背景が良く分かります。

             前の頁,あしながおじさん    次の頁 ,ローマ人の物語T    本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁

梅、白梅

 

【本文との関係---季節】

私の本棚、ゾラの居酒屋