《私の本棚 第七十八》   平成15年9月  

 「劉村渡」
   楊万里 (南宋)  

               

                    劉 村 の 渡

          隔岸軽舟不可呼           岸を隔つる軽舟呼ぶべからず

 

          小橋独木有如無          小橋の独木有れども無きが如し

 

          落松満地金釵痩           落松地に満ち金釵痩せ

 

          遠樹黏天菌子孤          遠樹天に黏きて菌子孤なり

 

                     向こう岸の小舟を呼んでも、声は届かず、

                     板一枚を渡した橋は無いのと同じこと。

                     松の葉は地面に落ちて、金のかんざしが色あせたよう、

                     遠くの木は空につらなり、きのこ(茸)がぽつんとあるように見える。

                                        

 【作者が瀬戸大橋を見たら何と詠むでしょう。】

 

                      前の頁,羅生門    次の頁,壕端の住まい    本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁

瀬戸大橋、与島、

 

瀬戸大橋と坂出

(与島主塔頂部からの眺め)

 

【本文との関係---イメージ】