《私の本棚 第八十》  平成15年11月  

 
「ニュールンベルクのストーブ」      ウイーダ 作

  

作者のウイーダ女史は、1839年にフランス人を父親にイギリスで生まれました。本名はルイズ・ド・ラ・ラメーといい、イタリア

を愛して当地で69年の生涯を閉じています。 とは言っても分かる人は少ないと思うのですが、あの「フランダースの犬」の作者

と言えば、誰でもが知っているはずです。

  「フランダースの犬」はベルギーを舞台に、「ニュールンベルクのストーブ」はオーストリアの設定で書かれています。貧しいが

明るく子だくさんな家庭の中心に、立派なストーブがあります。9歳の少年オーガストはとりわけ、かの偉大なニュールンベルク

の陶工ヒルシュフォーゲルが作ったストーブを慈しんでいます。ストーブはひょんな事から父親が拾ってきたものであり、実際、

かつては宮殿の中を暖めていたものでした。

 寒い冬のある日、貧困から父親はこのストーブをただ同然で売ってしまいます。オーガストは行き先を知っておきたいと思い、

この大きなストーブの中に隠れて、ドイツの買い主の家まで旅をします。このお金持ちは、オーガストに十分な教育を与えるとい

うハッピーエンドです。良い作品ですが、子供に与えるインパクトはフランダースの犬の方が大きいと思います。

 

          前の頁,豪端の住まい    次の頁,クリスマス・キャロル    本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁

古知谷阿弥陀寺

 

古知谷阿弥陀寺

 

【本文との関係---季節】