《私の本棚 第八十一》      平成15年12月

「クリスマス・キャロル」
   ディケンズ 

 

クリスマス賛歌。主人公のスクルージ老人は、埋葬登録簿に記載する管理人の仕事をしている。さしずめ法務局や市役

所の官吏のような立場と思われます。しかしこの男ほどのケチはどこを探してもいない。どんな暖かさも彼を暖めることはで

きず、どんな寒さも彼を凍えさせることは出来なかった。乞食でさえ彼に物乞いすることはなく、子供達も時間を尋ねることさ

えしなかったほどです。

  あるクリスマスイブの夜、七年も前に死んだ仕事仲間マーレイの亡霊が現れる。そして次の夜から三夜続けて別の幽霊

に、自分自身の過去・現在・未来のクリスマスの姿を見せられる。寂しかった子供の頃の自分、寂しささえ感じなくなった心

の貧しい自分。死んだ後は周囲の人間がみんな喜んでいて、ありとあらゆるもの、死んだ自分が着ている服までをむしり取

られる様子。スクルージはやっと自分の品性の低さに気づいて改心します。

  日本人の正月とは少し違うので、クリスマスに対する欧米人の本当の気持ちは理解できませんが、物語は共感できま

す。いつかこのイギリス人作者の「デイビィッド・コパフィールド」を紹介したいと思います。

 

       前の頁,ニュールンベルクのストーブ    次の頁,平成16年正月閑話    本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁

クリスマスデコレーション

 

クリスマスイルミネーション

【本文との関係---季節】