《私の本棚 第八十二》      平成16年1月

    

「運命ではなく」   ケルテース・ イムレ  

 

ケルテースはハンガリーの作家で、02年にノーベル文学賞を受賞しています。受賞のニュースを受けて、同じ名前の別の作家の

本が急遽売れたというくらい、あまり知られない存在だったそうです。

 14歳の少年ケルテースはユダヤ人狩りに遭い、ナチスの強制収容所での生活を体験します。学校へ行く途中のバスの中までが

ごく普通の日常生活です。突然バスから降ろされて、理由の判らないままに、非日常の収容所生活に放り込まれていきます。

 アウシュビッツについては、30年以上前に読んだ「夜と霧」(フランクル著、今、新版が出ています)に詳しく書かれていました。し

かしこれは記録ではなく作品として淡々と書かれています。

 読んで感じるのは、子供というものは如何なる環境にでも順応するということ。少なくとも大人よりは。末尾に「強制収容所におけ

る幸せについて、話す必要がある」と結んでいます。人間は環境が過酷であればあるほど、些細なこと、例えば具の入ってない薄

いスープから、かすかに立ち上る湯気にでも無上の幸せを感じる(作者)ということなのでしょうか。

 

            前の頁,平成16年正月閑話    次の頁,シッダールタ    本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁

錦市場

【本文との関係---季節】