《私の本棚 第八十四》   平成16年3月   

「インド神話」
   上 村  勝 彦 

  

前号で紹介した「シッダールタ」を読んでいる時、書店でこの本を見かけました。副題は「マハーバーラタの神々」となってい

ます。数多くの神々を紹介していますが、出典は紀元前1200年頃に成立したインド・アーリヤ人の有する最古の文献「リグ・

ヴェーダ」に依っているそうです。

  この本を読んでいて強い印象を受けたことが幾つかあります。一つはイタリア・ギリシャと同様に、神の数の多さです。シ

ルクロードを通ってインドへ更には中国・日本に大きな影響を与えています。もう一つリグ・ヴェーダは宇宙の創造を次のよう

に表現しています。「その時、無もなく有もなかった。空界もその上の天もなかった。何ものが活動したのか。(略)夜と昼の標

識もなかった。かの唯一者は自力により風なく呼吸していた。(略)太初において、暗黒は暗黒におおわれていた。」と、さす

がに数字のゼロを発見した国だと妙な感心をしました。 

 

                  前の頁,シッダールタ    次の頁,レ・ミゼラブル    本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁

唐渡天満宮

 

唐渡天満宮

【本文との関係---季節】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 インド神話 ・    上 村  勝 彦 

  

前号で紹介した「シッダールタ」を読んでいる時、書店でこの本を見かけました。副題は「マハーバーラタの神々」となってい

ます。数多くの神々を紹介していますが、出典は紀元前1200年頃に成立したインド・アーリヤ人の有する最古の文献「リグ・

ヴェーダ」に依っているそうです。

  この本を読んでいて強い印象を受けたことが幾つかあります。一つはイタリア・ギリシャと同様に、神の数の多さです。シ

ルクロードを通ってインドへ更には中国・日本に大きな影響を与えています。もう一つリグ・ヴェーダは宇宙の創造を次のよう

に表現しています。「その時、無もなく有もなかった。空界もその上の天もなかった。何ものが活動したのか。(略)夜と昼の標

識もなかった。かの唯一者は自力により風なく呼吸していた。(略)太初において、暗黒は暗黒におおわれていた。」と、さす

がに数字のゼロを発見した国だと妙な感心をしました。