《私の本棚 第八十五》   平成16年4月

    

「レ・ミゼラブル」  ビクトル・ユゴー  作 

 180285年のフランス人作家。この作品は「ああ無情」という邦題で親しまれています。一般的な縮小版では、悪人が改心

し孤児を育て、慈善活動をし、最後は安らかに眠るというものです。しかし、完訳ものを読むと又違った面白さが見えてきま

す。 

  15年、ナポレオン1世のワーテルローの戦い。32年パリで市民と軍がバリケード攻防をしたこと。48年の2月革命、52年の

クーデターでナポレオン3世が皇帝に就いたこと。パリの下水道は全長2,100 qを超えること等を時代の背景にして読むことが

出来ます。

  挿話が多く、冒頭から延々と主題以外が語られます。作者は民衆の側に立ち政府と対峙していました。 年末TVで

映画化されたものを見ましたが、挿話抜きで凡そ5時間の長編でした。私は何故か、文庫本の挿絵が好きです。

 

                 前の頁,インド神話    次の頁,ほっとする禅語   本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁

三多気の桜

 

三多気の桜

【本文との関係---季節】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「レ・ミゼラブル」ビクトル・ユゴー作 180285年のフランス人作家。この作品は「ああ無情」という邦題で親しまれています。一般的な縮小版では、悪人が改心し孤児を育て、慈善活動をし、最後は安らかに眠るというものです。しかし、完訳ものを読むと又違った面白さが見えてきます。 15年、ナポレオン1世のワーテルローの戦い。32年パリで市民と軍がバリケード攻防をしたこと。48年の2月革命、52年のクーデターでナポレオン3世が皇帝に就いたこと。パリの下水道は全長21百qを超えること等を時代の背景にして読むことが出来ます。挿話が多く、冒頭から延々と主題以外が語られます。作者は民衆の側に立ち政府と対峙していました。 年末TVで映画化されたものを見ましたが、挿話抜きで凡そ5時間の長編でした。私は何故か、文庫本の挿絵が好きです。