《私の本棚 第八十七》  平成16年6月 

 「天忠組のこと」  宮本 常一 
              

   

著者は民族学者で、この一文は昭和2年3月の旅をもとに書かれています。天誅組のことは学校の社会科で習ったはず

ですが、「天誅組」という言葉しか記憶にありません。1863年8月、中山忠光という20歳になる孝明天皇の妃の弟がリーダーに

なって作られました。尊皇攘夷派の20代、30〜40人のグループだったようです。その当時の様子を、土地 の古老から聞いて書

かれています。

  五條市で蜂起した天誅組は悲惨な最後を遂げます。東吉野村鷲家の国道166号線の脇には義士の墓があります。もと

もと奈良十津川村の人々は朝廷崇拝が大変強かったといいます。奈良から三重や和歌山へ向かう道を行くと分かりますが、

山また山の連続です。昔なら牛がすれ違えれば立派な道路だったと思います。南朝が置かれた時代もあり、進取の気持ちよ

りは、やはり天皇様だったことでしょう。

 

                前の頁,ほっとする禅語    次の頁,郡上の南天   本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁

櫛田川三重県飯高町

(伊勢参宮街道)

櫛田川清流

【本文との関係---地理】