《私の本棚 第八十九》  平成16年8月  

 
「生ましめんかな」      栗原 貞子  

            こわれたビルデングの地下室の夜であった。

            原子爆弾の負傷者達は

            ローソク一本ない暗い地下室を

            うずめていっぱいだった。

            生臭い血の臭い、死臭、汗くさい人いきれ、うめき声。

            その中から不思議な声が聞こえて来た。

            「赤ん坊が生まれる」と云うのだ。

            この地獄の底のような地下室で今、若い女が

            産気づいているのだ。

            マッチ一本ないくらがりでどうしたらいいのだろう。

            人々は自分の痛みを忘れて気づかった。

            と、「私が産婆です。私が生ませましょう」と云ったのは

            さっきまでうめいていた重傷者だ。

            かくてくらがりの地獄の底で新しい生命は生まれた。

            かくてあかつきを待たず産婆は血まみれのまま死んだ。

            生ましめんかな

            生ましめんかな

            己が命捨つとも

   

    ※詩の中の地下室は広島市千田町の旧郵便局の地下室 (実体験での詩)

 

       前の頁,郡上の南天   次の頁,デイビッド・コパフィールド   本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁

原爆ドーム

 

原爆ドーム

 

【本文との関係---地理】