《私の本棚 第九十》  平成16年9月  

「デイビッド・コパフィールド」
    ディケンズ 

 作者はイギリス人。1812年生まれ。昨年の十二月号で「クリスマスキャロル」をご紹介しましたが、同じ作者です。 この

作品は1850年に出版されました。父親は借金が絶えず、債務者監獄なるものに収監されたりしています。十二歳のディ

ケンズは靴墨工場で働くなどの苦労をしながら、弁護士事務所の事務員をしたり、速記を習得して記者になったりして、

作家への道を進みました。自伝的作品でかつ、代表作品といわれています。

  名作だと思います。文庫本で二千頁を超えますが、中学生でも読めますし、内容も豊かです。富める者と貧しき者、社

会の上層と下層、善意と悪意、愛と憎しみ、栄光と挫折、失敗と成功、冷たい心と暖かい心、守られる者と守る者、出会

いと別離などなど。様々な人たちが登場しますが、自伝的作品だけあって訴えかける力を強く感じます。

 

                前の頁,生ましめんかな   次の頁,赤ずきんちゃん   本棚 目次 ,読書感想,あんな本こんな本            トップ頁

谷瀬の吊り橋

 

 

 

奈良県

谷瀬の吊り橋

【本文との関係---季節】